トップ > 研究会概要

一般社団法人 日本クエン酸サイクル研究会の概要

世の為人の為に この気持ちがないと私たちは毎日充実した生活を送ることができません。健康であること、そして世の中の人々の健康作りに奉仕できれば、これほどの喜びはありません。 自分の体は自分で守る。他人に迷惑にならないように、予防して健康な身体を維持しましょう。私たち、日本クエン酸サイクル研究会は、この精神によって設立されています。

日本クエン酸サイクル研究会は、クエン酸サイクル飲料代謝促進サプリメントの啓蒙普及を通じ、社会貢献を図る一般社団法人で、国民の健康管理への注意喚起を図るため、有志が自発的に集まり、研究/討議を始めたのが当研究会の起源です。

クエン酸サイクル飲料の啓蒙・普及活動をにより、「健康日本21」活動に通じる『国民的健康ムーブメント』を創り上げるお手伝いをして参る所存です。

急速な高齢化社会の進展に伴い健保財政が破綻してしまった現在、一人一人が健康に気を遣い、「自分のからだは自分で守る」ことで医療費の増加を抑えることには大きな社会的な意義があります。

人が人として人生をエンジョイするためには、健康で元気であることがなにより大事なことは誰もがご存知の通りでしょう。

健康とは、人間が生きるためになくてはならないものであり、元気とは、健康な人生を生きている人にこそ手に入れることの出来る人間にとってかけがえのないものであり、このうえない幸せであると言えるのではないでしょうか。

私ども、日本クエン酸サイクル研究会は、クエン酸サイクル飲料を通じ、
皆様の健康づくりのお手伝いが出来ると確信しております。



【法人名】一般社団法人 日本クエン酸サイクル研究会
【設立時代表理事】古内亀治郎
【所在地】東京都中央区銀座6丁目4番16号花椿ビル4階

【事業内容】
当法人は、クエン酸サイクルの研究を通じ、調査研究及び普及に努めることを目的とし、その目的に資するため、次の事業を行う。

1. クエン酸サイクルに関する内外における研究成果の募集及び学術的な研究の促進
2. 研究成果に関する報告
3. 会員の相互連絡を図るための会合、講習会等の開催
4. 海外の情報の収集、交換
5. 文化交流としての展示会及び芸術・スポーツイベント(コンサート、親善交流試合等)の開催
6. 「強い元気」をテーマとした、各種セミナー及び講座等の開催
7. その他、本会の目的を達する為に必要な事業
8. 前各号に附帯又は関連する一切の事業